BALENO WB42S ヘッドライト保護フィルム ♪♪♪

先週、失敗気味だったヘッドライトの保護フィルム貼り

今週やり直しました。

今回はシワ無し

成功したように見せるテクを使いました。
3層のまま、ヘッドライトの形に整形しようとトライしましたが、
失敗でした。

基材と最上層だけの状態にして、
石鹸水付けて伸ばしました。

貼りながら伸ばすんじゃなくて、
貼りつかないような状態で伸ばしました。
そして、形が整ったところから貼る。

拡大
最上層のフィルムは貼ったまま

備忘録
 先週張ったフィルムを剥がす際、
 結構な糊残りがでました。

これを取るのは大変
指で擦るしかない

1年後に、車検を通すから、クリアにする予定ですが、
糊残りがでたら、どうしてよいか分からないですね。

って、

力業で取り除く予定ですが・・・。

WB42S BALENO ヘッドライト保護フィルム♪♪♪

昨日、ヘッドライト研磨まで終えていたので、
明日の出勤に備えて、
プロテクションフィルムを貼りました♪♪♪

こんな感じ

ヘッドライト保護フィルム
貼り付け後

そこそこに貼れているように見えますが、
拡大すると、

助手席側
上の方に多数のシワ

運転席側
真ん中あたりに大きな1本シワ

13時~15時の2時間で2面貼ろうとしたのですが、
焦れば焦るほど、
上手く行かず、
こんな感じで終了です。

15時から用事があったので、
しょうがないですね・・・。

近いうち貼りなおすとして、
追加のフィルムを注文しました♪♪♪

BALENO WB42S ヘッドライト研磨♪♪♪

納車から3年半ちょっと、
バレーノ君
ヘッドライトの曇りはありません。

黄ばみなしヘッドライト

なぜなら、納車してすぐにウレタンクリアを吹いたからね・・・。

でも、今日、明日、山の天気は悪いので、
研磨することにしました。

念のためマスキング

もう、ペーパーは使いませ~ん♪

スコッチブライト系のパッド使います。

#800 相当 3M 7448
#1200 相当 3M 7512DOT
#1500 相当 3M 7515DOT
#2000 相当 3M 7520DOT

使いました・・・。

研磨後の写真

乾いているとこんな感じ
濡れていると、そこそこクリア
#2000では、これが限界

これから湿式で研磨

今回も、これ使います

見上げると、虹♪♪♪

左から右まで見えます

濃いところは、2重の虹

その後、大雨が来て・・・。

雨は、カメラに写ってないけど、
大雨でした。

最終的に#9800で磨いていると、
全て、アクリルが禿げました。

運転席側

助手席側

時間切れになったので作業終了

明日の紫外線対策

明日は道普請があるから作業できないかも・・・。
月曜日の会社、出社できるか心配

Kei HN22S ヘッドライトメンテ(後)♪♪♪ &フィルム貼り

昨日の続きです。

リンク:昨日のヘッドライト研磨作業 HN22S

仕上げ研磨はこれを使います。

99工房
液体コンパウンドセット

STEP1
#3000相当
運転席側
#3000相当 研磨後
助手席側
#3000相当 研磨後

次は、コレ

STEP2
仕上げ用 #7500相当

運転席側
#7500相当 研磨後
助手席側
#7500相当 研磨後

最後はコレ

STEP3
9800番相当

運転席側
#9800相当 研磨後
助手席側
#9800相当 研磨後

一旦研磨は、フィニッシュ!!
作業前との比較

作業前
研磨フィニッシュ後

研磨に関しては、90点ぐらいかな♪♪♪

これが、長く乗るクルマだと、ウレタンクリアコートなのですが、
今回は、来月の車検の為なので、
イージーに終わらします。

使うのは、コレ

アマゾンで 1000円ちょっとの
ヘッドライト保護フィルム

はじめて、ヘッドライトにフィルム貼るので、
よく分からんまま始めて、1枚分ぽしゃりました。

練習だと思って、全部張った結果がコレ♪♪♪

練習モードになった
フィルム貼りの施工後
運転席側 横から

練習モードになった
フィルム貼りの施工後
運転席側 正面から

綺麗に貼れた場所は、かなりクリアね♪♪♪
だけど、これ失敗です。

しわくちゃ

助手席側に貼るフィルムが足りなくなったので、
残ったフィルムをクリアの部分の上半分に貼りました。
こんな結果♪♪♪

助手席側
上半分にフィルム貼ってます

貼ってある部分と、
そうでない部分の境界
アップ

半分の面積なのに、貼れてない部分もあります。
が、
遠目に観たら、なんか綺麗ね♪♪♪

新しいフィルム買ったら、
遠目に綺麗に貼るつもりです。

アマゾンプライム会員なので、明後日、新しいフィルムが到着です。
作業は、いつ実行するか分かりませんが・・・。

Kei HN22S ヘッドライトメンテ (前)♪♪♪

先日、譲ってもらった Kei HN22S
17年ぐらい前のクルマなので、
来月の車検が、ちょっと心配。

ヘッドライトの光量もその一つ♪♪♪
ということで、リフレッシュを試みました。

黄ばみ

まずはイニシャル状態の撮影4枚

運転席側 横から
運転席側 正面
助手席側 横から
助手席側 正面

あまり傷つけたくないのですが、
先は長くないので、
耐水ペーパー400番から行きます。

耐水ペーパー 400番
モノタロウで購入

黄色のカスが削り落とされます。(下)

運転席側
400番完了後

助手席側
400番 研磨後

800番の耐水ペーパーは切らしていたので、
スコッチブライト系使います。

3Mのスコッチブライト系
研磨スポンジ
800番相当

運転席側
800番相当 作業後
助手席側
800番相当 作業後

耐水ペーパー1000番はあったので、
また、耐水ペーパーに戻ります。

耐水ペーパー 1000番
モノタロウの安物

運転席側
#1000完了後
助手席側
#1000 作業後

次、耐水ペーパー 1500番

耐水ペーパー 1500番
モノタロウ製

次の1500番の作業終了後の写真だけど、写真映りは、上の#1000より荒くなってます。
(取り違えたかも)

運転席側
#1500 終了後

助手席側
#1500終了後

ちなみに#1000 終了後ぐらいからは、
水で洗い流した直後と、それが乾燥して後では、
見え方が全然違いますので、ご承知おきを・・・
(モノタロウ)耐水ペーパーと、(3M)研磨スポンジでは、
同じ番手で比較すると、
研磨スポンジの方が、仕上がりが綺麗みたいなので、
研磨スポンジで番手落とします。

スコッチブライト系
研磨スポンジ #1200相当
運転席側
研磨スポンジ
#1200作業終了後
助手席側
研磨スポンジ
#1200 作業後

次、研磨スポンジ#1500

研磨スポンジ
#1500相当

運転席側
研磨スポンジ
#1500相当 作業後
研磨スポンジ
#1500相当
作業後

次、研磨スポンジで番手あげます。

研磨スポンジ
#2000 3M製
運転席側
研磨スポンジ
#2000 相当 作業後
助手席側
研磨スポンジ #2000
作業完了後

かなりクリアに見えましたが、
水分がなくなると、こんな塩梅。

運転席側
#2000作業後
乾いた時

助手席側 #2000研磨後
乾いた時

液体コンパウンドで磨くと
液が細かい傷に残るので、
こんな感じにみえます。

運転席側
液体コンパウンドでちょっと磨いた後

助手席側
液体コンパウンドで
ちょっと磨いたあと

この液体コンパウンドの作業は、
予定していたものでは無いです。

雨天終了なので、とりあえず写真撮影するための仮仕上げです。
作業前との比較、行きます。

まずは、ビフォー

作業前

そして、アフター

アフター

後編は、下のリンクです。
リンク:後編

作業途中での雨
作業途中での雨

類似の作業は、過去のブログにも載せているのでリンク貼っておきます。
昔の作業 2014デミオ
過去の作業:2016年デリカD:5の作業
過去の作業:2017年デミオの作業(前回から黄ばんだわけではない)
過去の作業:2019年バレーノの作業