流れるウィンカー 取り付けたずら♪♪♪

先日、購入した流れるウインカー(シーケンシャルウインカー)、
取り付け部材も揃ったので、
本日取り付けます。

G-Factory の 流れるウィンカー 
40㎝長さ 30連
3000円ちょっと

用意する部材は、
・防水のカプラ
・0.2sq. のコード(配線)
・コルゲートチューブ
・熱収縮チューブ
必要な道具は、
・ワイヤーストリッパー
・カッター
・半田ごて
・半田
ぐらいかな・・・。

エーモンの防水カプラ

流れるウィンカーの配線に防水カプラを付けます。
右と左で2つ必要かと思いきや、1つのパッケージに2つカプラー入ってました・・・。

カプラー取付前
カプラ取り付け後

次に、アースと+12Vを取り出す配線をカプラの反対側に取り付けます。

0.2sq.の配線

エーモンの防水カプラが、0.2sq.専用なので、0.2sq.の配線を新たに買いました♪♪♪
(家の在庫は、良く使う0.5sq.,0.75sq.,1.25sq.あたりなので・・・)

0.2sq.の配線に、カプラの反対側をとりつけ・・・

配線の長さは、アースがバッテリーからヘッドライトまで、
+12Vがウィンカーのコネクタからヘッドライトまでです。

次に、クルマのボンネット開けて、
ウィンカーをヘッドライト上部に取り付け・・・。

助手席側、ウィンカー装着

 配線が見えちゃってダサい。

運転席側 ウィンカー装着

 こちらも配線が見えちゃってダサい。

さあ、ウィンカーの+12Vとりますよ。

助手席側 ウィンカーの配線コネクタ

配線周りのカバー切断。(作業性を考えた場所にします。)

矢印のところカバー切ります。

切断後の位置確認

切断したカバー
配線は切らないよん。

切ったカバーの短い方は、避難させます。

カバーは邪魔だからずり降ろす
出てきたコードの被覆を中間ストリップします。

先日買ったワイヤーストリッパーの出番

ワイヤーストリッパーで配線を噛む、
そして被覆を剥く

中間ストリップですよ。中間剥き。
配線は切りません。

助手席側、中間ストリップ後
運転席側 中間ストリップ後

5mmぐらい被覆が剥けたら、
先に用意した0.2sq.のコードを接触させます。
被覆を剥いて巻き付けるだけです。

赤いコードが、カプラーを付けたコードです。

スプライス端子で圧着の予定でしたが、
はんだ付けにしました。

半田付け後

もちろん、スプライス端子は、エンジンルームに落として、このスペースでの圧着は諦めたからです。

運転席側も、同様に半田付け

防水と絶縁は、熱収縮チューブ

配線切らないので、熱収縮チューブは厳しいかなと思ったけど、
Oの字(円筒状)を切断して、Uの字にして、配線に被せて収縮させたら、
それなりの出来栄えでした。
ちなみに、熱収縮チューブは、径をちょっとずつ大きくして、
3回被覆。3重にしてあります。
さらに、絶縁テープも巻いておいた。
べとつかない絶縁テープ

エンジンルーム内に、0.2sq.のコードを引き回すのはちょっと気になるので、
コルゲートチューブで保護しておきました。

コルゲートチューブ
(本来の名前はしらん)

ハザードで動作確認!!

一応、点灯確認OK!!

取り付けた夜も確認!!

夜の確認、OK!!

やっぱ、横に流れないとイマイチかも・・・。

流れるウィンカー、来たづら♪♪♪

先週の日曜日に流れるウィンカーを注文したのですが、
メール便で届きました♪♪♪

買ったのは、コレ♪♪♪

流れるウィンカー

G-FACTORYさんの シーケンシャルウインカー 色:アンバー
40cm 30連LED 2本入り
¥3,135円 楽天店で購入

早速週末に取り付けたいところですが、
今回は、エレクトロタップで、秒でつけるようなことはしないつもり♪♪♪
昨今の大雨を考慮して、配線をちゃんと防水仕様にする予定なので、
明日、モノタロウで、モノを揃える予定です・・・。

とは言っても、早く光らせたい。
だって、初期不良だったら困るもん。

ん~、DC12Vは、乾電池の直列だと8個必要だし、
面倒だからその作戦はないな!!

そういえば、昔からコレクションしていたというか、
捨てられなくて困っていたDCアダプタがあったな・・・。
これこれ♪♪♪

DCアダプター
(25年前ぐらいにモデムに使っていたやつ)

9Vって表示が、物足りないけど、多分、LEDは点くじゃろ!!!

という予想で、対面のコネクタを切断♪♪♪

ピン電極の切り落とし

適当に圧着で付けられる端子付けて、
テスター当てたら、なんとぉ~

9Vじゃない!?

これは、12Vですよ。

12Vの電圧来てますよ・・・♪♪♪

昔のDCアダプタだし、9V表示でも、余裕で+α(アルファ) の電圧だしてるんだね。。。

そのまま、流れるウィンカーの配線に接触されると

初期動作確認 ヨシ!!

ちゃんと点灯しますよ。当たり前ですが・・・♪♪♪
電圧がかかっている間に、ずらっと順に点灯していって、
電圧がかかりっぱなしだと、常に全点灯でした。
そういうことで、リレーが要らん訳ね。
・・・♪♪♪

来週以降の取り付けの為に、個人的な備忘録!!
ウインカーの配線わぁ、黒い方がアース。赤がプラス12V。
流れるウィンカーは、配線が出ている方から、反対側に向かって発光する。

結構、明るいし、昼間でも目立つことを祈る♪♪♪

帰宅途中の空爆♪♪♪

4月になって暖かくなってきたので、
クルマの窓を開けて帰宅しようと車を走らせていたところ、
空爆に遭いました♪♪♪

助手席側です。(下)

空爆 助手席の窓

拡大すると

空爆の痕

もちろん、クルマの内部に飛び散りました・・・♪♪♪

助手席のシートの飛散♪♪♪

助手席に置いておいたバックにも付きました・・・

近くでは、聖火が走っているというのにぃ・・・、
今日は、ついてないや・・・♪♪♪

悲しすぎます。

DIY マスキング グッズ マスカー♪♪♪

DIYで塗り物をやる時はマスキングをすると思いますぅ~

私は、これまで、マスキングテープと、新聞紙などの大きな古紙を使って
マスキングをしておりました・・・。
新聞を定期購読してないので、古紙が足らず、
マスキング用のポリエチレンの巻物を買おかと考えたこともありますが、
あれって、長さ100mぐらいあるんですよね~
(置き場に困るん)
ということで、考えただけで買ったことは無いです。

今回、買うたのは 『マスカー』(下)

マスカー♪♪♪
<クリックすると大きくなります>

養生テープとポリエチレンシートが一体になってます♪♪♪
(購入したのは、ポリエチレンシートが2.7mぐらい広がります。)

どうやって使うかというと、こんな感じ(下)

クルマのマスキング
<クリックすると大きくなります>

拡大するとこんな感じ(下)

マスカーの使い方例
<クリックすると大きくなります>

上の写真では、ヘッドライト周りにマスキングテープを貼って、
その上に、マスカーの養生テープを貼ってます。
もちろん、養生テープで直接マスキングする淵を狙っても問題はないです。

作業効率を考えたら、ええ買い物です♪♪♪