ソリオ MA26S ヘッドライト コート やり直し♪♪♪

昨年の10月に新車で買ったソリオ MA26S!!

ヘッドライトの黄ばみ対策に、
ウレタンクリアを吹いたのですが、
真冬の寒さに失敗♪♪♪

リンク:新車のヘッドライトにウレタンクリア♪♪♪

そうは言っても、すぐやり直すのは面倒だったので、
失敗したウレタンクリアを表面だけ研磨して、
今まで我慢してました♪♪♪

気候も良くなってきたところで、
再コートを検討しました・・・

新規で購入したもの

超精密研磨フィルム#2000
三共理化学製 FUJISTAR
いつものやつです

ほかの番手も準備 (耐水ペーパーは在庫が豊富なので買ってません)

#2000,#4000,#6000

液体のコンパウンドも購入(結局のところ使ってません)

99工房 液体コンパウンド
トライアルセット 193

で、再研磨前のヘッドライトの状態はこんな感じっす。

真ん中より下の方の白濁
前回の研磨のスジです

一応、養生したあと(下)、ヘッドライトの状態は再研磨前です。

再研磨前
下側の白濁が研磨のスジ

助手席側のヘッドライトを、
耐水ペーパー#2000⇒精密研磨#2000⇒精密研磨#4000と磨いた後が
下の写真ですが・・・

精密研磨フィルム#4000仕上げ(味見)

綺麗になったようですが、
まだ、前のウレタンが残っているんですよ。
ということで、作業初日(2021/09/18)は満足しないで終わり・・・

作業2日目、運転席側も同様にやってみましたが、
前のウレタンが100%とれないので、満足しないで終わり・・・

作業3日目(連休の最終日)、
#2000の耐水ペーパー作業からやり直すことにしました。

耐水ペーパー#2000で
ウレタン全部剥がした状態 助手席側

耐水ペーパー#2000で
ウレタン剥がした状態(助手席側)

ヘッドライトの樹脂まで削りました・・・
その後、精密研磨フィルムで#2000⇒#4000⇒#6000で研磨して、
ボディー用の液体コンパウンドで研磨(0.5μmのアルミナ)
液体コンパウンドは、今回購入したものでは無く、家にあったものです。
この時点が、もっともクリアの状態です。(下)

0.5μmのアルミナで
ポリッシュ後(助手席側)

助手席側
液体コンパウンドで
ポリッシュ後

運転席側も同様に耐水ペーパー#2000で、ウレタンを剥るところからやり直しです。

耐水ペーパー#2000で
研磨後(運転席側)

精密研磨フィルム#2000で
研磨後(運転席側)
精密研磨フィルム#2000で
研磨後(運転席側)
精密研磨フィルム#4000で
研磨後(運転席側)
液体コンパウンドで
ポリッシュ後(運転席側)
液体コンパウンドで
ポリッシュ後(運転席側)

そして、ウレタンクリアスプレーの登場

ウレタンクリア スプレー

缶を温めて運転席側から吹き付け

運転席側の状態わぁ~

イイ感じにできました
運転席側

助手席側を吹くときは、缶の温度が下がっていましたが、
連続で吹き付け~ (勢いがちょっとないぞ~)

助手席側、ムムム~♪♪♪

運転席側の状態、別アングル(下)

運転席側は斜めから見ても、
それなりに平坦

助手席側の状態、別アングル(下)

助手席側は、ちょっと、
平坦度が鏡面じゃないですぅ~

助手席側、許容範囲ということにしました

これで2025年までは、黄ばまない筈・・・・♪♪♪

デリカD:5の時は、
2016年5月に研磨して、2020年10月まで、
黄ばまなかった実績があるから~♪♪♪

リンク:デリカの時(この時は上手く吹けたな)

ちなみに、デミオ DY5Wの時は、
黄ばまなかったけど、3年半で剥がれました。(研磨後が鏡面過ぎて密着力が弱かったのかも・・・)
リンク:デミオ DY5W この時も上手く吹けたな

ダッシュボードのニューアイテム!になるかも♪♪♪

今日は、久々に車いじり♪♪♪
だいぶ前に買っていたアイテムを紹介します。

コレ♪♪♪

セメダインBBX

なんしか、ダッシュボードくっついて、
両面テープの代わりになるらしい。
しかも、綺麗に剥がせるので、接着剤とは違うみたい。

ネットで、見た限り、タミヤのネジ止め(ブルーのゼリー)
みたいな固まる液体に見えたけど・・・♪♪♪ いかほどなのか?

オブジェをダッシュボードに貼り付けるつもりでしたが、
最近、ガチャガチャもやってないし、良いものがない。

そこで、ティッシュ置き場を作ることに・・・♪♪♪

 クルマの中において、ティッシュ置き場と、ゴミ箱の固定は、
 私の中で永遠の課題です。
 これで、満足ということになった試しがない。

現行のティッシュは助手席のバイザー括り付け
ダッシュボードにはゴマちゃん

 
 助手席に座ると視界が悪いと評判悪い助手席バイザー下のティッシュを、
 ダッシュボードに移設します。

 今は、ダッシュボードにゴマちゃんが居るのですが、
 これまた、山道になるとジャンプして、フロアに落ちるので評判が悪い。

用意するのは、コレ♪♪♪

100均 強力磁石

もう一つ、

100均 ブリキプレート
(磁石が付くものなら何でもOK)

まず、モノタロウ 金切りハサミで、
ティッシュサイズにブリキプレートを切ります。

モノタロウ 金切りハサミ

適当に加工したブリキプレートがコレ!!

ティッシュの底を包むようにブリキプレートを加工

そして、セメダインBBXで、マグネットをダッシュボードに接着

結構はみ出たけど、磁石をダッシュボードに接着

ティッシュ用には、2つのマグネットを使用しました。

ティッシュ用に2つの磁石を接着

ゴマちゃんように、残り2つを使用。(これまた、液体がはみ出まくり)

ゴマちゃん用のマグネット 接着

2時間後に、ゴマちゃんと、ティッシュを配置♪♪♪

バイザーの下はスッキリ(青矢印)
ダッシュボードの視界は悪くなりました(赤矢印)

これで、ティッシュやゴマちゃんが落ちてきたら、
磁石を追加する予定です。

それより、接着剤は、綺麗に除去できるのか心配♪♪♪

MT車の購入候補選び 続き~ その3 ♪♪♪

昨日、洗車しながら思ったのですが、
バレーノ(下、写真)

バレーノ LD35mm

この車の全高が1470mmで、35mm車高落としているので、現状のルーフの高さは1435mmぐらいなんですが、
もし、走る為の車(趣味の車)を買うなら、
これよりも、ローフォルムじゃないと、趣味じゃないよな!?

と思う次第で、
ノーマルで全高が、1470mm以下のクルマって、これまでリストアップした中では、コペンしかないのよ。

一旦、候補から外した、ホイール5穴を許容すれば、
・カローラスポーツ
・カローラ WxB
・マツダ3(アクセラ)
・(新規追加) ND系 ロードスター
・(新規追加) カローラ アクシオ
が、ローフォルム選定、再追加、新規候補になるわけで・・・。

カローラは顔が好きじゃないし、
マツダ3は車重があるので、1.5Lだとちょっと遅い。
ND ロードスター は中古でも、結構、値が張る
カローラ アクシオは、顔もアレだけど、おっさんのクルマだし・・・。

スタイリッシュで、軽量コンパクト、それなりのパワーで速い、って、
3拍子揃ったクルマは、現行MT車にないのね~

アルトワークスがエンジンパワー的には、車重に対して良いかな!?と思っていますが、
(軽自動車に乗ったことがないので、興味もあるし・・・。)
顔というか、カッコがねぇ~。 コペンのボディーに乗せてくれないかな!?

3年以内に、フルモデルチェンジか、新規の車種が出ることを願いながら、
通勤用のバレーノを軽(AT車)にして、趣味のクルマは、2Lエンジンぐらいの普通車ってのもありだな!?
なんて思ったりして・・・♪♪♪ (2台を買い換える予算はもっとない)

今日は、折角の日曜日、こんなブログを朝から書いている場合ではないのですが、
外は雨ですぅ~♪♪♪ くぅ~!!って感じ

昨日の続き~♪♪♪ MT車の購入候補選び

ホイールの5穴を除くと、
下記の候補があがる。
 (昨日は、カローラスポーツ、ツーリング、C-HRが残っていたけど、これも5穴だった)

新車で購入の場合
・トヨタ ヤリス          型式:MXPA10   エンジン:M15A-FKS
・トヨタ カローラフィールダー   型式:NZE161G  エンジン:1NZ-FE
・マツダ MAZDA2(デミオ)     型式:DJLFS    エンジン:P5-VPS
・ニッサン マーチ ニスモS     型式:DBA-K1   エンジン:HR15DE
・スズキ アルトワークス(軽)    型式:HA36S   エンジン:R06A
・ダイハツ コペン(軽)       型式:LA400K   エンジン:KF
・ホンダ N-ONE RS(軽)       型式:JG3    エンジン:S07B
(中古で購入の場合)
・ホンダ フィットRS        型式:GK5     エンジン:L15B

なんと、リストにおいて、ターボ設定は、軽のみなんですね。
ターボはパワフルですが、最近のターボは、低速でトルクがでるのですが、
高回転でトルクが下がり気味の味付けなので、
フィーリング悪いんですよ。
そうは言っても、NAの1.5Lぐらいだと、2000回転ぐらいだと、全然トルク無いし・・・。

どうやって、優先順位を決めようか?悩みどころです。
(つづく)

MT車 欲すぃ~♪♪♪

収入に余力があれば、
クルマって3台は必要だと思うんですよ♪♪♪

(a)・・・通勤用の燃費のイイ車♪♪♪
(b)・・・人を乗せて運ぶ、後席の広いクルマ♪♪♪
(c)・・・趣味の車♪♪♪

スペックにかなり妥協しながらも、(a)と(b)は無いと生活できなので、
既にあるのですが、
(c)に関しては、無くても生活できるので、
これまで我慢してきました♪♪♪

過去においては、定年になったら趣味の車で
カーライフを楽しむつもりでしたが、
いつのまにか、65歳定年っぽい雰囲気になってきましたし、
近い将来、70歳定年になりそうな雰囲気もあるので、
このままじゃ、趣味を楽しむ前に死ぬかもしれないので、
無理をしてでも、趣味の車を近いうちに手に入れたく考え始めました♪♪♪

ついでに言うと、趣味の車は、MTでガソリンエンジン車以外は考えてないので、
2030年の電動化元年を待つこともできない状況です。

それなら、贅沢して、何百万円もするクルマをローンで買ったらどうか?と思うところですが、
残念ながら、家のローンがまだ10年以上あるので、それも非現実的♪♪♪

がんばっても、250万円って言うところでしょうか? 
5年以上持つことを考えれば、年割で50万円。イイ線せかな!?

現行車をネットで検索すると
・トヨタ カローラツーリング WxB  型式:NRE210W エンジン:8NR-FTS
・トヨタ カローラスポーツ     型式:NRE210H エンジン:8NR-FTS
・トヨタ C-HR           型式:NGX10 エンジン:8NR-FTS
・トヨタ ヤリス          型式:MXPA10   エンジン:M15A-FKS
・トヨタ カローラフィールダー   型式:NZE161G  エンジン:1NZ-FE
・マツダ MAZDA3          型式:BP5P エンジン:P5-VPS
・マツダ MAZDA2          型式:DJLFS エンジン:P5-VPS
・スズキ スイフトスポーツ     型式:ZC33S   エンジン:K14C
・ニッサン マーチ ニスモS     型式:DBA-K1   エンジン:HR15DE
・スズキ アルトワークス      型式:HA36S   エンジン:R06A
・ダイハツ コペン         型式:LA400K   エンジン:KF
・ホンダ N-ONE RS  型式:JG3    エンジン:S07B

ちょっと前になくなった車種だと、
・ホンダ フィットRS       型式:GK5     エンジン:L15B
・フィアット アバルト 500    型式:ABA-312141 エンジン:312A1000

こんなところだろうか・・・。
 とりあえず、輸入車は維持費がかかりそうだからNG
 ホイールは、5穴の方がカッコいいけど、うちにある車が4穴なので
 互換性を考えると4穴一択♪♪♪
 となると、アバルト500,MAZDA3, スイフトスポーツが落選。

 その後の検討は、後日としよう・・・。