フロント用のドラレコをリアドラレコとして使う試み♪♪♪

最近では、
あおり運転が流行っているので、
メインの車にはリアのドラレコを付ける予定です。
(こんだけ問題視されているのに、
 先日も、通勤カーで中央道を走っていたら
 世田谷ナンバーのフォレスターにあおられました・・・。
 パワーが足りない車の宿命です。)
まずは、フロント用のドラレコを安く調達できた次第で・・・。
ss40-20201114rar.jpg
パイオニア VREC-DZ500
シガーの電源入れておけば勝手に連続撮影してくれるみたい。
撮った画像は、スマフォに飛ばるのかな?多分。
だから、直接、カメラを触る機会は少ないはず。
GPS対応で、時間も勝手に合わせてくれます。
ss40-20201114rr.jpg
中身はこんな感じ・・・。
 カメラとケーブル、
 あとは16GBの マイクロSD付属です。
(サンディスク製でした。)
フロント用をリアに取り付ける最大の課題は、取付場所の角度。
セダンならフロントもリアも似たような角度ですが、
ソリオくんはこんな感じ。
ss40-20201114rbr_LI.jpg
垂直から10°ぐらい寝た感じです。
一方で、ドラレコの角度はこんな感じ(下)
ss40-20201114rcr.jpg
カメラは回転するのですが、写真は一番上側の状態です。
(下側は反対方向まで、ひっくり返るカメラです。)
もう一度、カメラの問題を確認すると、
ss40-20201114rdr_LI.jpg
貼り付け面に対して、90°までカメラは上側にあがらない。
青線(貼り付け面)、赤矢印(カメラの方向)
大丈夫かな?と思いながら、
リアウィンドの一番上にカメラを貼り付けた状態を作って
撮った画像は、こんな感じ
ss4_20201114er_L.jpg
水平線が、上から10~20%ぐらのところに来ました。
なんとか使えそうですが、
この位置だと、リアの熱線が映りこむこと判明♪♪♪(赤矢印のところ)
もうちょっと工夫が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。