太陽光発電 あれこれ その3

太陽光発電 設置時の失敗?かも。。。(その3)
 太陽光パネルの角度は、本州の真ん中ぐらいだと
 30度ぐらいが良いって、ネット検索するとかいてありますが、
 そうでも無いようで・・・。
 夏は日照時間が長く、真東より北側から日がでて、
 真西よりも北側で日が沈みます。
 すなわち、日照時間の観点では、 
  冬よりも、夏に太陽光発電のウェイトを置くべきであり、
  夏に効率よく発電しようとした場合は、
  南側に向けて角度をつけると、
  夏の早い時間と遅い時間はパネルが日陰になってしまうので、
   パネルを真上に近づけた方が一日の発電時間が増えます。
  (早朝・夕方の北側からの低角の光でも発電してます。)
   岡谷酸素の太陽光発電所には、
   パネルの角度を変えた実験結果があるので・・・参考まで
   (ネットで検索するときは、岡谷酸素のHPのトップページ
    から、”SUWACO Labo” っていうところに入って、
    発電量 --> グラフ って入り、角度のデータを抽出
    して、月ごとのグラフを描かすとわかります。)
  このサイトを見ると
  4月から9月までは、10度が最も発電量が多く。
  年間の累積だと、20度が最も発電量多いみたい。
  (10度毎のパネルの実験です。)
ちなみにうちの屋根は、25°の勾配です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。