寒冷地に移住するには♪♪♪

つい先日、長野に移住すると、

三重サッシ(3重サッシ、トリプルガラス)が必要だと言いましたが、

我が家の2重サッシにおける結露はこんな感じですぅ~♪♪♪


(ちょっと前の写真で申し訳ない)
この時は、外はマイナス8℃、
室内は写真に写っているように、20℃です。

2重サッシの結露 室内20℃、外気温-8℃

こちらは今年の写真(上)

長野に来る前に、那須に住んでいたのですが、
そこなら2重サッシで、まあまあ許せる範囲の結露でした。
しかし、長野だと2重サッシでも毎朝結露を拭きとらないと床に水滴が垂れます。
引き違いの窓なら、レールの方に水が流れ落ちるので良いのですが、
ハメ殺し窓なら100%窓台が濡れますぅ♪♪♪

ちなみに、ちょっと安めのアパート(古めのアパート)だと、
普通の1枚ガラスなので、窓全面が水滴で覆われて、
滝のように水が落ちます。(写真が無くてすみません。)

結果、このようなありさまです♪♪♪

木部のカビ

それだけにとどまらない場合、こんな感じ♪♪♪

フローリングの腐り

長野に来て、家を建てる人は、
是非、高気密・高断熱住宅に、3重サッシ以上のスペックで家を建てください。
ネットをみると、今では5重サッシまであるそうですぅ♪♪♪

移住してから、移住先で職に就いて、お金を貯めるのは大変なので、
高収入の職が多い、都会で資金は蓄えて、移住した方がいいですね。
一番いいのは、移住してからもリモートで、都会の高付加価値な仕事ができることですが・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です