あずまや(東屋、四阿)作製♪♪♪

うちは総二階で、軒先が無い。
ということで、
晴天の日にBBQを行うには、日差しが痛い!!
それで、日陰が欲しいと、前々から思っておりました。

意匠性ゼロの東屋を作りました!!

まず、単管パイプで、櫓を組む!!

単管パイプの櫓

単管パイプで、屋根は2.5mx2.0mの広さになってます。
(実際はクランプで接続するので、ちょっと小さめになります。)

実のところ、ここまでは、春先に終わってました・・・♪♪♪
やることが多すぎて4カ月ぐらい放置してました。

今回、屋根を取り付けます。
母屋を取り付けます。
 木材は、2x3の6フィート
 4本取り付けました。

 木材と、単管パイプ 48.6mmの固定は、コレを使います。
 

サドル バンド 40A

こんな感じで取付!!
 

40AでΦ48.6mmちょうど

次に垂木を母屋に乗せます。

たしか、□36mm の松の角材(荒材)

45mmのコーススレッドで固定しました!!

完成形はこんな感じ!!

母屋と垂木の取り付け後

次は屋根です。
 ポリカ波板をつけますが、
 今回は奮発して、遮熱タイプです。

ポリカ波板 遮熱タイプ
(HEAT CUT)
ダイプラ製 10尺

10尺の波板ですが、
クルマに入らないので、150㎝で切ってもらい、
半分の長さにしてあります。

屋根の長辺が2.5mなので、2.7mの長さの波板で充分足ります。
すなわち、約30㎝重ねて使う予定!!

波板と垂木の固定は、これを使います。

波板取付ビス
ダイドーハント製

中身はこんな感じのネジ

波板取付ビス

取り付け後はこんな感じです。

波板を垂木に取り付けたところ

波板取り付け後(下)、水勾配の下側

波板取り付け後、下側

最終的な出来上がりはこんな感じ(下)

東屋の屋根 完成

今回ちょっと失敗したので、
後で補強する予定です。

失敗と言っても、台風とかで飛ばされないような対策ができてないということです。
BBQはこれでできる筈!!

ちなみに普段は、屋根付き物干し台として使う予定。
冬場は、干し柿用の屋根にします。

ではでは・・・♪♪♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です